歯科医院の中

様々な道具

矯正した歯が戻ってしまうことを防ぐために

矯正歯科で歯の矯正治療を受ければ、整った美しい歯並びにすることができます。矯正歯科では、おかしな方向に生えている歯を正しい方向に引っ張り続けることのできる器具を作ってくれます。たとえばワイヤーやマウスピースなどですが、これを装着し続けていると、その歯は徐々に動いていきます。そしてやがては、歯並びが美しく見える位置にまで来てくれるのです。 しかし引っ張り続けたことで、その歯は動きやすい状態になっています。つまり良い位置に移動した後に、元の位置に戻ってしまうこともあるということです。 そのため歯並びがいったん美しくなったとしても、そこで安心せず、継続して矯正歯科に通うことが必要です。矯正歯科では今度は、リテーナーという器具が作られます。これは歯並びを安定させるための器具で、これを装着し続けることで、美しい歯並びが持続するようになるのです。

強制器具を装着することになる期間

歯並びを良くするための器具は、成人の場合1〜2年ほど装着し続ける必要があります。そしてその後、今度はリテーナーを2〜3年ほど装着することになります。そのくらい経過すれば、歯並びはかなり安定してくるので、その後は装着せずに過ごす時間を徐々に増やしていきます。長期間リテーナーを装着していないと、歯並びが再び歪んでくる可能性があるので、定期的に矯正歯科に通って診察を受けながら、装着する頻度を決めていくことになります。 このように、矯正器具はかなり長く装着することになるのです。目立つため装着することに抵抗を感じる人も多いのですが、最近では透明で目立たないマウスピースタイプの矯正器具も使われるようになっています。これを使用することで、長期間の装着におけるストレスを軽減させることができます。