歯科医院の中

歯を矯正する

矯正歯科の技術の進歩

最近では、矯正歯科の技術は発達してきている傾向にあり、様々な方法の治療が提供されています。これまでの矯正治療は、歯の表側に矯正器具をつけて治療を行うケースがほとんどでした。最近では、他人からは見えない治療法として、歯の裏側に矯正器具をつける治療やマウスピースを使った治療が提供されるようになってきています。現在では、歯の裏側に矯正器具をつける治療は高額になる傾向にありますが、今後は技術の発達と症例の増加に伴い治療費用が抑えられていくことが予想されます。 矯正歯科の治療技術の発達により、治療にかかる期間についても短縮されてきている傾向にあり、今では1年から2年ほど前治療が完了するようになってきています。

部分矯正を検討する際の注意

矯正歯科において、歯の裏側からの治療を希望する場合は、歯並び等の状態によっては治療ができない場合もありますので事前に医師の診断が必要です。また裏側矯正は、費用が高額になるため上の歯のみの矯正や、下の歯のみの矯正といった部分矯正も提供されています。部分矯正を希望する場合には、歯の移動の幅が大きくなる場合は、上下の噛み合わせに影響が出ることがありますので注意が必要です。矯正歯科によっては、部分矯正を提供しない方針の歯科もあります。噛み合わせは、人の身体の機能の中で重要な部分となりますので、慎重な判断が必要です。治療費が高額になる場合には、医療費控除という税金において優遇される仕組みもありますので、利用することをおすすめします。