歯科医院の中

定期的に検診を受ける

虫歯の原因を事前に発見できる歯科検診

虫歯は誰もが恐れる病気です。そう思うのも当然と言えば当然です。大きな虫歯の痛みは想像を絶するものがありますし、その治療のために歯医者に通うのもまた勇気が要ります。それゆえに、誰もが一生虫歯とは縁のない生活を送りたいと思うものです。 では虫歯を作らない方法とは何があるのでしょうか。その答えは歯科医による定期歯科検診をしっかり受けることです。 歯科検診とは、歯科医が歯並びや歯石の付着具合など口腔内の状態を入念のチェックする事です。歯と歯の間の歯石汚れの度合いや、被せ物の接着具合の確認、舌の汚れの確認、歯茎の腫れや歯周ポケットの有無など診察項目は思いのほか多いです。 日々の歯磨きなどセルフケアでは必ずどこかに磨き残しなどがあります。そしてそれが虫歯の遠因となる可能性もあります。歯科医による検診はその虫歯の原因を事前に発見できるのです。

虫歯は出来るだけ早い段階で治すこと

検診1回あたりの費用はだいたい2000円前後が一般的です。上の歯と下の歯の2回に分けて検診が行われる事もあります。1回あたりの所要時間は20分から30分と言ったところでしょう。 定期歯科検診を受ける頻度としては、最低でも半年に1回、出来れば3か月に1回が理想です。虫歯は進行度合いがそれほど早くなければフッ素塗布による再石化が可能です。「虫歯は出来るだけ早い段階で治せ」と言われるのはそのためです。その虫歯の度合いを入念にチェックするには定期歯科検診が最適なのです。 検診ではひとりひとりに合った歯磨きの方法など適切なアドバイスを貰えます。それに沿って毎日のセルフケアもしっかり行えば、虫歯になる確率は大幅に低下するのです。